JUNICHIRO MATSUMOTO
MTB/FREERIDE トレイルツアーガイド

名前

松本 潤一郎

MAXXIS使用モデルと一言コメント

アーデントスキンウォール

転がりとグリップのバランスの良さがお気に入りです。

MAXXISタイヤについて好きな点は?

様々なシチュエーションに応じて使い分けられるタイヤバリエーションの多さ。

ご自身が取り組んでいるスポーツバイク(ロード/MTB/BMXなど)の魅力を、これから初めてみたい方にアピールして下さい。

エンジンなどの動力が付いていないマウンテンバイクを操り、自然の中に飛び込んでいけば非日常が体感できます。皆さんもぜひ!

最も尊敬する人は?

ジャンゴ・ラインハルト 彼はギタリストだけれど、シチュエーションが目まぐるしく変化するトレイルを走ることと、アドリブで湧き上がる音を表現することって凄く似ています。

左手の小指と薬指に火傷を負って使えなくなっても音楽を諦めなかったことも素晴らしいです。

オフィシャルWEBサイト

http://yamabushi-trail-tour.com/

松本潤一郎JUNICHIRO MATSUMOTO
山伏トレイルツアー&西伊豆古道再生プロジェクト 代表

17歳のころから海外をバックパックとギターを担いで周り、ヒマラヤ・カラコラム・アンデスのトレイルをトレッキングで旅する。
南米大陸23,000㎞のオフロードバイクでの旅を終えて、25歳の時に西伊豆に移り住む。
海外でも旅をしながら生きていける技術を身につけるため、西伊豆で日本食の調理師として働きながら次なる旅の構想を練っている時に、使われなくなり山中に埋もれた古道の存在を知る。
海がメインの観光地である西伊豆エリアには、山のアクティビティがほとんど無く、トレイルツアーの立ち上げを計画するため、古道の再生と里山林整備を同時に進めるプロジェクト「西伊豆古道再生プロジェクト」を2012年設立。
2013年よりYAMABUSHI TRAIL TOURを開始。
以前に自身が訪れたネパールからチベットへの塩の交易路や、インカトレイルのような文化と人の営みが交錯した西伊豆の「Ancient Trail」の魅力を発信している。
http://yamabushi-trail-tour.com/