サポートライダー山本和弘選手から「モノレール」のインプレッションが「裏ワザ」付で届きました。

欧州で活躍中のMAXXISサポートライダーの山本和弘選手より、使用中の「モノレール」(サイズ26×2.1)についてのインプレッションが届きました。現役選手ならではの使い方の裏ワザも披露してくれています。

+++

●守備範囲の広いレース向けタイヤ

MAXXIS XCタイヤの中でもトータルバランスに優れスピードが出てからの転がりが良くレース仕様に向いている。タイヤサイドの『コの字型』のブロックが柔らかい路面、硬い路面問わずコーナーでバイクを寝かせた時に確実にグリップして安定感を高めてくれる。

2011CZE Race&Lifestyle 074.jpg

 チューブレスタイプと比べて総重量(タイヤ+チューブ)が軽いので、ペダルの漕ぎだし、登坂時に絶対的な軽さを感じる。チューブはMAXXIS「ウルトラライトチューブ」を組み合わせることで耐パンク性を高めてくれる。

●こんな使い方もオススメ!(ローテーションを逆に使う)

タイヤのローテーションを逆にして使う事でハイグリップタイヤにする事ができる。オススメはリアタイヤのみを逆にしてのライドである。グッ!と走りの幅が広がるのがわかるはずだ。

2011CZE Race&Lifestyle 107.jpg

→ワールドカップのコースでのトレーニング風景(MAXXIS MONORAIL使用)