サポートライダー山本和弘選手がシクロクロスレース「TOHOKU CX」で優勝しました。

11月13日(日)に仙台泉ケ岳で行われたシクロクロスレース「

TOHOKU CX」で、山本和弘選手が序盤から抜け出し独走で優勝しました。
被災地復興の願いもこめられた東北初めてのシクロクロスレースで、当日はレースの他キッズスクールも開催、地元の方々との交流を深めました。
今回の使用タイヤは「Raze」。
セレクションポイントやタイヤのインプレッションも含めた山本選手のレースレポートをご覧下さい。

レースの日以外にも、

被災地を訪れた山本選手のレポートは

山本和弘選手オフィシャルサイトで公開中です。